運送・物流業者のための法律相談は私たちにお任せください。 EITAI 運送・物流業者のための法律相談は私たちにお任せください。 EITAI
お気軽にご相談ください! メールでのお問い合わせ ご予約受付中! お気軽にお電話ください! 03-3527-2908 受付 平日9時から17時半 受付
お気軽にご相談ください! メールでのお問い合わせご ご約受付中!
お気軽にお電話ください! 03-3527-2908 受付 平日9時から17時半 受付

このようなお悩みをお抱えではありませんか?

元請業者、下請業者、荷主とのトラブルを解決したい

従業員労務管理で悩んでいる
(従業員が定着せずに困っている)

運送中交通事故問題でトラブルになっている

業務中に負傷した従業員の労災問題で悩んでいる

昨今、運送業における労働問題が増えています。(物流量の増加、働き方改革、人手不足、労働者意識の高まり等) イメージ画像

こんなお悩みありませんか?

元請業者、下請業者、荷主とのトラブルを解決したい

従業員労務管理で悩んでいる
(従業員が定着せずに困っている)

運送中交通事故問題でトラブルに
なっている

業務中に負傷した従業員の労災問題
で悩んでいる

昨今、運送業における労働問題が増えています。(物流量の増加、働き方改革、人手不足、労働者意識の高まり等) イメージ画像

概況 アイコン 概況

インターネットを通じたEコマースの発達に伴い、物流量は以前と比較して飛躍的に増加しておりますが、一方でそれを支えるドライバー等の人材が不足しています。そのため、ドライバーの長時間労働が常態化し、運送業界を取り巻く労務環境は悪化の一途をたどっています。

イメージ画像
物流量増加・ドライバー不足

現在では、多くの運送業の経営者がこのような問題に直面しており、このような問題を放置してしまうと経営に大きな影響を与えかねません。例えば、従業員からの未払い残業代請求によって倒産に追い込まれてしまう企業も現実には存在します。

イメージ画像
従業員からの未払い残業代請求の増加

また、働き方改革に代表されるように、労働者の労務環境に対する意識の高まりから、労働時間に対する意識が高まり、より多くの賃金を求める従業員や、労務環境の改善を求める従業員が増加しています。

イメージ画像
従業員の労務環境への意識の高まり

運送業界の概況 アイコン 概況

物流量増加 ドライバー不足

インターネットを通じたEコマースの発達に伴い、物流量は以前と比較して飛躍的に増加しておりますが、一方でそれを支えるドライバー等の人材が不足しています。そのため、ドライバーの長時間労働が常態化し、運送業界を取り巻く労務環境は悪化の一途をたどっています。

従業員からの未払い残業代 請求の増加

現在では、多くの運送業の経営者がこのような問題に直面しており、このような問題を放置してしまうと経営に大きな影響を与えかねません。例えば、従業員からの未払い残業代請求によって倒産に追い込まれてしまう企業も現実には存在します。

従業員の労務環境への 意識の高まり

また、働き方改革に代表されるように、労働者の労務環境に対する意識の高まりから、労働時間に対する意識が高まり、より多くの賃金を求める従業員や、労務環境の改善を求める従業員が増加しています。

お気軽にご相談ください! メールでのお問い合わせご ご約受付中!
お気軽にお電話ください! 03-3527-2908 受付 平日9時から17時半 受付

弁護士に相談いただくと、このようなことができます アイコン 弁護士に相談いただくと、このようなことができます
(労務管理体制の構築、トラブルの解決、契約書の作成等)

  • テープ画像

    労務管理体制構築

    貴社の業務内容に合わせ、労務管理体制の構築を行います。残業代請求のリスク軽減や、不当解雇リスクの軽減など、労使トラブルを未然に防ぐことができます。

    角画像
  • テープ画像

    未払い残業代請求
    への対応

    弁護士にご依頼していただくことで、従業員側からの残業代請求に対して、使用者の代理人として交渉にあたらせていただきます。適切な残業代を算出した上で、従業員側に反論をいたします。

    角画像
  • テープ画像

    労災事件代理業務

    労働基準監督署への報告や刑事処分への対応など、会社側の代理人として労災事故へ対応いたします。また、当事務所は事前の予防から実際の示談交渉まで幅広く対応しています。

    角画像
  • テープ画像

    問題社員への対応

    問題社員への対応は、指導や教育、解雇まで幅広い対応が必要になります。当事務所では、指導書の作成から、解雇時の対応までサポートいたします。

    角画像
  • テープ画像

    労働組合各対応

    労働組合との交渉や労働協約に関する書類の作成、労働者との条件調整などを代理で行うことができます。訴えを起こされた後の対応はもちろんのこと、今後、労働組合から団体交渉をされないために、就業規則の整備や労働環境の調整などについてもアドバイスをさせていただきます。

    角画像
  • テープ画像

    契約書のレビュー・
    作成

    貴社に不利な内容での契約締結やトラブル防止のため、運送契約書や寄託契約書の作成やリーガルチェックを行います。

    角画像

弁護士に相談いただくと、このようなことができます アイコン 弁護士に相談いただくと、このようなことができます

問題社員への対応

貴社の業務内容に合わせ、労務管理体制の構築を行います。残業代請求のリスク軽減や、不当解雇リスクの軽減など、労使トラブルを未然に防ぐことができます。

未払い残業代請求への対応

弁護士にご依頼していただくことで、従業員側からの残業代請求に対して、使用者の代理人として交渉にあたらせていただきます。適切な残業代を算出した上で、従業員側に反論をいたします。

労災事件の代理業務

労働基準監督署への報告や刑事処分への対応など、会社側の代理人として労災事故へ対応いたします。また、当事務所は事前の予防から実際の示談交渉まで幅広く対応しています。

労務管理体制の構築

問題社員への対応は、指導や教育、解雇まで幅広い対応が必要になります。当事務所では、指導書の作成から、解雇時の対応までサポートいたします。

労働組合の各対応

労働組合との交渉や労働協約に関する書類の作成、労働者との条件調整などを代理で行うことができます。訴えを起こされた後の対応はもちろんのこと、今後、労働組合から団体交渉をされないために、就業規則の整備や労働環境の調整などについてもアドバイスをさせていただきます。

契約書のレビュー作成

貴社に不利な内容での契約締結やトラブル防止のため、運送契約書や寄託契約書の作成やリーガルチェックを行います。

運送業界の概況 アイコン ご挨拶・代表メッセージ

運送・運輸業界は社会に欠かせない重要なインフラを担っている一方、業種柄、景気の影響を直接的に受けやすく、規制緩和と強化の波もあり、そのとりまく環境は日々変化しています。

 社会的なコンプライアンス意識の向上により、労働基準局から厳格な拘束時間、休息時間等の労務管理の徹底や運転時間の限度が要請される等、人事労務の問題が常にあります。また、蔓延するドライバー不足、利益の出づらい多段階下請構造等、様々な課題へ対応していかなければなりません。さらに、業種の性質上、交通事故や損害保険の問題が発生しやすい特徴があることや、高齢者の継続雇用、近時最高裁が出された同一労働同一賃金の問題、有期雇用者の無期雇用への転換の問題等、新たな問題への対応を迫られる業界でもあります。

当事務所では、従業員の労務問題・企業内のマネジメント、荷主や協力会社との契約書のリーガルチェック、行政への対応、交通事故・損害保険、労働災害等に関するご相談を、迅速かつ適切に行いたい、運送・物流会社経営層向けの顧問弁護士サービスを提供しています。

会社経営を悩ます法律問題は、当事務所にご相談ください。
顧問弁護士を駆使することが会社経営にスピードと安心をもたらします。

弁護士法人 永代共同法律事務所
 代表弁護士 小野 直樹

お気軽にご相談ください! メールでのお問い合わせ ご予約受付中! お気軽にお電話ください! 03-3527-2908 受付 平日9時から17時半 受付
お気軽にご相談ください! メールでのお問い合わせご ご約受付中!
お気軽にお電話ください! 03-3527-2908 受付 平日9時から17時半 受付

当事務所の強み アイコン 当事務所の5つの強み
(顧問先数が多い、運送業の相談も多く受ける、スピード対応、弁護士複数名、提案ができる)

  • 01 タイトル番号

    企業法務経験豊富

    当事務所は企業法務を業務の中心としており、各種企業案件の経験が豊富です。また、運送業の方からのご相談も多く受けており、ノウハウが豊富です。

  • 02 タイトル番号

    スピード対応

    24時間以内に回答(営業日ベース)することを約束しておりますので、スピード感をもってビジネスに取り組めます。

  • 03 タイトル番号

    使用者側労働問題
    精通

    使用者側(経営者側)の労働問題に精通しており、運送業に特有の未払い賃金問題(残業代請求問題)、解雇問題等、多くの経験がございます。

  • 04 タイトル番号

    ビジネスの視点に立った
    サービス

    顧問先の経営を一番に考え、法的な課題の解決だけではなく、クライアントの利益を最大化させるような提案をさせていただきます。単なる法的な問題解決に留まらないサービスを提供できます。

  • 05 タイトル番号

    明確費用体系

    弁護士の仕事は様々で、事件の解決に必要な時間も相手の出方・争い方、事件の複雑さによって大きく異なります。そのため、料金の開示が難しく、弁護士費用は不透明になりがちなのが一般的です。当事務所では、できるだけ分かりやすく、明確な費用体系をご用意しており、安心してリーガルサービスをご利用いただけます。

当事務所の強み アイコン 当事務所の5つの強み

  • 01 タイトル番号

    企業法務
    経験豊富

    当事務所は企業法務を業務の中心としており、各種企業案件の経験が豊富です。また、運送業の方からのご相談も多く受けており、ノウハウが豊富です。

  • 02 タイトル番号

    スピード対応

    24時間以内に回答(営業日ベース)することを約束しておりますので、スピード感をもってビジネスに取り組めます。

  • 03 タイトル番号

    使用者側
    労働問題精通

    使用者側(経営者側)の労働問題に精通しており、運送業に特有の未払い賃金問題(残業代請求問題)、解雇問題等、多くの経験がございます。

  • 04 タイトル番号

    ビジネスの視点に立った
    サービス

    顧問先の経営を一番に考え、法的な課題の解決だけではなく、クライアントの利益を最大化させるような提案をさせていただきます。単なる法的な問題解決に留まらないサービスを提供できます。

  • 05 タイトル番号

    明確費用体系

    弁護士の仕事は様々で、事件の解決に必要な時間も相手の出方・争い方、事件の複雑さによって大きく異なります。そのため、料金の開示が難しく、弁護士費用は不透明になりがちなのが一般的です。当事務所では、できるだけ分かりやすく、明確な費用体系をご用意しており、安心してリーガルサービスをご利用いただけます。

過去に受けたご相談と解決した事例 アイコン 過去に受けたご相談と解決した事例

問題社員からの残業代請求事案の解決ケース

運送業の依頼者において退職予定者から残業代を請求された事案において、退職者側の不備、損害賠償債務を指摘し、支出なく解決できた事例

ドライバーからの残業代請求事案

常態的に長時間労働が行われており、退職予定者から多額の残業代を請求されていた。しかし、当該退職予定者は、いわゆる問題社員で、取引先とのトラブルで、多額の損害を会社に与えていた。損害額の具体的な算定結果なども踏まえて交渉したところ、支出のない形で退職、解決に至った。

弁護士の所感

残業代請求を行う従業員、退職者が、実は問題を多く起こす従業員であったというケースは、少なくありません。問題行動や非違行為によって会社に損害が生じている場合、残業代の未払いと損害賠償債務とを実質的に相殺して解決することもあります。

運送契約の適切な見直しを行ったケース

輸配送・配送センター業務を行う会社が、弁護士のアドバイスを活用し、契約条件の見直しを行った事例

弁護士の所感

物流業界において、運送契約(受託・委託契約)は売上・事業の根本をなす契約です。力関係によっては、先方から示された「ひな形」をそのまま(場合によってはその場で)調印するようなこともあるかとは思いますが、中には、あまりに一方に不利な内容であったり、対価の取り決め方法が不十分であったりして、適切な課金(チャージ)を行えていないようなケースも見受けられます。従前は、営業担当者が社内に持ち帰り、そのまま調印して返送していた会社でも、弁護士のアドバイスを「法務コメント」として活用することにより、先方と交渉し、条件改善できるケースもあります。

過去に受けたご相談と解決した事例 アイコン 過去に受けたご相談と解決した事例

問題社員からの残業代請求事案
の解決ケース

運送業の依頼者において退職予定者から残業代を請求された事案において、退職者側の不備、損害賠償債務を指摘し、支出なく解決できた事例

ドライバーからの残業代請求事案

常態的に長時間労働が行われており、退職予定者から多額の残業代を請求されていた。しかし、当該退職予定者は、いわゆる問題社員で、取引先とのトラブルで、多額の損害を会社に与えていた。損害額の具体的な算定結果なども踏まえて交渉したところ、支出のない形で退職、解決に至った。

弁護士の所感

残業代請求を行う従業員、退職者が、実は問題を多く起こす従業員であったというケースは、少なくありません。問題行動や非違行為によって会社に損害が生じている場合、残業代の未払いと損害賠償債務とを実質的に相殺して解決することもあります。

運送契約の適切な見直しを
行ったケース

輸配送・配送センター業務を行う会社が、弁護士のアドバイスを活用し、契約条件の見直しを行った事例

弁護士の所感

物流業界において、運送契約(受託・委託契約)は売上・事業の根本をなす契約です。力関係によっては、先方から示された「ひな形」をそのまま(場合によってはその場で)調印するようなこともあるかとは思いますが、中には、あまりに一方に不利な内容であったり、対価の取り決め方法が不十分であったりして、適切な課金(チャージ)を行えていないようなケースも見受けられます。従前は、営業担当者が社内に持ち帰り、そのまま調印して返送していた会社でも、弁護士のアドバイスを「法務コメント」として活用することにより、先方と交渉し、条件改善できるケースもあります。

運送業向け顧問契約のご案内

詳しくはこちらから

※顧問契約プラン参照

イメージ画像
詳しくはこちらから

よくあるご質問 アイコン よくあるご質問

  • ナンバー画像

    顧問契約とは何ですか?

    A.法律顧問契約とは、月々定額の顧問料をご負担いただくことにより、法律事務所のサービスを継続的、優先的かつ迅速に受けられるサービスです。
    法律事務所のサービスは、典型的なものとして、A法律相談、B契約書や規則類の作成・チェック、C社内外の関係者との交渉、裁判手続の代理などがございます。
    A法律相談については、初めて会う弁護士と法律相談する場合、通常、①「法律事務所に相談内容を連絡」→②「相談の可否を確認」→③「費用確認・日程調整」→④「ご相談」という流れになりますが、顧問契約を締結することで、そのような手続を踏まずに、顧問弁護士に電話やメールなどをして、すぐに法律相談をすることができるようになります。
    B契約書や規則類の作成・チェックについても、事案が複雑でない限り契約書の原稿をメール等で弁護士に送るだけでチェックを依頼できるようになります。
    C社内外の関係者との交渉、裁判手続の代理についても、問題が起こる前から相談して対策を講じることができるようになりますし、問題が発生してしまった場合も、すぐに状況や書類などを共有し、迅速に対応できるようになります。
    運送・運輸業様の場合、ご相談が多いトラブルとして、人事労務(残業代請求対応、解雇、問題社員等)、交通事故・損保・労災、荷主や協力会社との契約書締結業務やトラブル、売掛金回収、その他(情報労使、従業員の独立等)があります。
    法律問題でお悩みでしたら、当事務所にご相談ください。

    顧問契約の締結手続

    顧問契約が始まるまでのプロセスは、ご面談→顧問サービス・費用のご説明(お話を聞くだけでも構いません。会社様のニーズやお考えについてもきちんと伺います)→(ご依頼いただく場合)顧問契約書の調印、というプロセスです。
    最短で、「ご相談日当日」から、顧問弁護士のサービスをご利用いただけます。

    ボックスボトム画像
  • ナンバー画像

    顧問契約では何をしてもらえるのですか?

    A.ご相談が多いトラブル・テーマと、当事務所の顧問契約のサービス内容・特典の一例です。

    ご相談の多いトラブル内容
    ご相談の多いトラブル内容

    これらが毎月定額の顧問料に含まれます(プランによっては別途費用が発生する項目もあります)。
    イメージとしては、紛争が発生時には会社の代理人として先頭に立って会社・社長様を守ります。
    ただし、紛争が発生してしまって講じられる対策は限られ、また、時間的・金銭的コストが膨れ上がります。
    当事務所では、社長様や経営陣の皆様が本業に専念していただくためにも、可能な限り紛争を発生させず、また、仮に紛争が発生してしまっても、最大限、会社を守るべく、日常から、対外的には契約関係の整備、対内的には人事労務体制の整備等を通じて業務支援をしております。

    ボックスボトム画像
  • ナンバー画像

    顧問契約を結ばなくても相談は可能ですか?

    A.顧問契約を結ばなくても、ご相談いただくことも可能です(初回60分に限り無料でご相談をお受けいたします)。
    その場合は、①「当事務所に相談内容を連絡(電話orメールor問い合わせフォーム)」→②「相談の可否を確認」→③「費用確認・日程調整」→④「ご相談」という流れになります。
    また、すでに顧問弁護士がいる、相談している弁護士がいるといった場合の、いわゆる「セカンドオピニオン」としてのご相談も受け付けております(その場合も、守秘義務を負いますので、ご心配いりません)。
    当事務所では、顧問契約のニーズ、メリットがない事業者様へ、無理に顧問契約をお勧めすることは致しません。法律問題で気になることがございましたら、お気軽にご一報ください(電話orメールor問い合わせフォーム)。

    ボックスボトム画像

よくあるご質問 アイコン よくあるご質問

Q1

顧問契約とは何ですか?

A.法律顧問契約とは、月々定額の顧問料をご負担いただくことにより、法律事務所のサービスを継続的、優先的かつ迅速に受けられるサービスです。
法律事務所のサービスは、典型的なものとして、A法律相談、B契約書や規則類の作成・チェック、C社内外の関係者との交渉、裁判手続の代理などがございます。
A法律相談については、初めて会う弁護士と法律相談する場合、通常、①「法律事務所に相談内容を連絡」→②「相談の可否を確認」→③「費用確認・日程調整」→④「ご相談」という流れになりますが、顧問契約を締結することで、そのような手続を踏まずに、顧問弁護士に電話やメールなどをして、すぐに法律相談をすることができるようになります。
B契約書や規則類の作成・チェックについても、事案が複雑でない限り契約書の原稿をメール等で弁護士に送るだけでチェックを依頼できるようになります。
C社内外の関係者との交渉、裁判手続の代理についても、問題が起こる前から相談して対策を講じることができるようになりますし、問題が発生してしまった場合も、すぐに状況や書類などを共有し、迅速に対応できるようになります。
運送・運輸業様の場合、ご相談が多いトラブルとして、人事労務(残業代請求対応、解雇、問題社員等)、交通事故・損保・労災、荷主や協力会社との契約書締結業務やトラブル、売掛金回収、その他(情報労使、従業員の独立等)があります。
法律問題でお悩みでしたら、当事務所にご相談ください。

顧問契約の締結手続

顧問契約が始まるまでのプロセスは、ご面談→顧問サービス・費用のご説明(お話を聞くだけでも構いません。会社様のニーズやお考えについてもきちんと伺います)→(ご依頼いただく場合)顧問契約書の調印、というプロセスです。
最短で、「ご相談日当日」から、顧問弁護士のサービスをご利用いただけます。

Q2

顧問契約では何をして
もらえるのですか?

A.ご相談が多いトラブル・テーマと、当事務所の顧問契約のサービス内容・特典の一例です。

ご相談の多いトラブル内容
ご相談の多いトラブル内容

これらが毎月定額の顧問料に含まれます(プランによっては別途費用が発生する項目もあります)。
イメージとしては、紛争が発生時には会社の代理人として先頭に立って会社・社長様を守ります。
ただし、紛争が発生してしまって講じられる対策は限られ、また、時間的・金銭的コストが膨れ上がります。
当事務所では、社長様や経営陣の皆様が本業に専念していただくためにも、可能な限り紛争を発生させず、また、仮に紛争が発生してしまっても、最大限、会社を守るべく、日常から、対外的には契約関係の整備、対内的には人事労務体制の整備等を通じて業務支援をしております。

Q3

顧問契約を結ばなくても
相談は可能ですか?

A.顧問契約を結ばなくても、ご相談いただくことも可能です(初回60分に限り無料でご相談をお受けいたします)。
その場合は、①「当事務所に相談内容を連絡(電話orメールor問い合わせフォーム)」→②「相談の可否を確認」→③「費用確認・日程調整」→④「ご相談」という流れになります。
また、すでに顧問弁護士がいる、相談している弁護士がいるといった場合の、いわゆる「セカンドオピニオン」としてのご相談も受け付けております(その場合も、守秘義務を負いますので、ご心配いりません)。
当事務所では、顧問契約のニーズ、メリットがない事業者様へ、無理に顧問契約をお勧めすることは致しません。法律問題で気になることがございましたら、お気軽にご一報ください(電話orメールor問い合わせフォーム)。

お気軽にご相談ください! メールでのお問い合わせ ご予約受付中! お気軽にお電話ください! 03-3527-2908 受付 平日9時から17時半 受付
お気軽にご相談ください! メールでのお問い合わせご ご約受付中!
お気軽にお電話ください! 03-3527-2908 受付 平日9時から17時半 受付

事務所概要 アイコン 事務所概要

弁護士法人永代共同法律事務所	司法書士永代共同事務所

〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町2丁目8番1号
茅場町第五長岡ビル7階

TEL03-3527-2908(平日9:00~17:30)

事務所概要 アイコン 事務所概要

弁護士法人永代共同法律事務所	司法書士永代共同事務所

〒103-0025東京都中央区
日本橋茅場町2丁目8番1号
茅場町第五長岡ビル7階

TEL

03-3527-2908
(平日9:00~17:30)